どうしても旦那さんに知られたくない時は

顔を隠す女性兼業主婦で本人に収入が十分ある場合、審査の対象となるのは本人だけなので、家族に知られないようにすることも少し気をつければよいだけです。
 
しかし収入が少なかったり専業主婦の場合、旦那さんである夫の収入が審査対象となってしまいます。
 
中には同意書が必要なケースもあるので、それではカードローンが知られてしまいます。
 
どうしても知られたくないときはどうすればよいのでしょうか。
 
結論から言えば、専業主婦であっても知られないようにカードローンすることは可能です。
 
専業主婦なら銀行のカードローンしか申し込みができませんが、元々口座を持っていてカードの引き落としなどがそこから落とされているようなら、より審査も通りやすくなるようです。
 
借り入れ額が少なくなったり、少し審査に不利になることも予想されますが、申し込みの際に電話や窓口で家族に知られたくないことを伝えることで、本人が用意できる書類などでの審査で、カードローン可能なものを案内してもらえることもあります。
 
自分で収入のある人はモビットのように、「家族には知らせずにカードローンしたい」といった項目が申し込み書類に用意されている場合もあるので、漏らさずチェックをしましょう。
 
自宅への在宅確認や職場への在籍確認などで、プライバシーを尊重してもらえるように取り計らってもらえます。
 
どうしても知られたくないときには、知られてもいいという場合に比べて門戸は狭くなる可能性はあります。
 
ですが、知られずにカードローンすることも可能なので、その中から自分にあった信頼できるところで借り入れをするとよいですよ。


おすすめのカードローンはこちら

このページの先頭へ