カードローンでも担保や保証人は必要?

融資を受けるとなると、気になるのが担保や保証人の有無です。
 
他のページでも触れていますが、基本的にカードローンには担保や保証人は必要ありません。
 
担保や保証人が必要なローンは高額になるため、主婦が夫に内緒でこっそりと…というわけにはいかないので、家族ともよく相談の上で借りることとなりますが、カードローンは主婦が自分の名義だけで申し込むことができるので夫や家族に内緒で借りることが可能です。
 
そもそも担保や保証人というのは、家や何がしかの資産を返済が滞ったときに代わりに差し出します。もしくは保証人が代わりに返済しますという約束です。
 
何かを担保にするときには、その担保にするものの価値を上限として借りることができるのが一般的です。
 
例えば家を担保にする場合、売却価格が2,000万円程度と見込まれると、借りられる金額は2,000万円までとなります。
 
質屋と似ていますが質屋に入れるのと違うのは、借り入れしていても返済期限までは住み続けたり、使い続けられるという点にあります。
 
保証人を立てるときはその保証人が代わりに支払える能力があるのかどうかが鍵となります。
 
保証人にも審査が入るのが普通ですが、闇金の場合は返済能力があろうとなかろうと審査が通ってしまうので、簡単に審査が終わるようなら早いうちに返済してしまうようにしましょう。
 
担保にする場合でも保証人を立てる場合でも、万一返済ができなくなったときに大きな痛手を負ったり、人に迷惑をかけることになってしまいます。
 
このような担保や保証人が必要なローンとは違って、カードローンは今すぐお金が欲しいときや誰にもばれずに借りたいというときにはとても便利な融資サービスなのでおすすめです。


おすすめのカードローンはこちら

このページの先頭へ