カードローンにも種類がある

指をさす女性カードローンが利用できる一般的な金融機関は大きく分けて2つ。消費者金融と銀行です。
 
消費者金融は例えばプロミス・アコム・アイフル・モビットなど、貸金業法のもと個人への貸付を行っている金融機関のことで、銀行はみずほ銀行・三井住友銀行・じぶん銀行・三菱東京UFJ銀行・横浜銀行などカードローンを利用できる所はたくさんあります。
 
基本的にカードローンは担保や保証人は不要ですが、消費者金融と銀行によって特徴は違いますし、消費者金融や銀行の中でも金融機関によって利用限度額や金利、審査の早さなど条件は異なります。
 
消費者金融の場合は審査が比較的早いともいわれていますし、銀行は金利が低く借りられる金額も大きいといった特徴があります。
 
また、消費者金融は貸金業法で銀行は銀行法という別の法律が適用されるため、主婦が借り入れするときにはこの法律の違いが大きく関わってきます。
 
パートなどで収入がある主婦の方は消費者金融にも申し込むことができますが、専業主婦は消費者金融では借りられません。というのも消費者金融に適用される貸金業法では貸付をしすぎないようにと、年収の3分の1以上の融資は禁止されています。
 
この制度を総量規制といい、専業主婦は総量規制の関係で消費者金融では借りられません、貸金業法が適用されない銀行は総量規制対象外なので専業主婦でもお金を借りることができるというわけです。
 
また、自営業者や個人事業主向けのカードローンもあります。カードローンは事業資金には使うことができませんが、それ以外の目的なら何に使ってもかまわないので、収入が安定していない方にとっても便利です。
 
このように消費者金融・銀行のカードローンにはいくつか種類があり、それぞれ特徴や条件が違うので、自分に合ったカードローンを選ぶようにしましょう。


おすすめのカードローンはこちら

このページの先頭へ