カードローンの審査

手軽にお金を借りることができるカードローンですが、審査を受ける必要があります。
 
カードローンは専業主婦でも利用可能なものもありますが、審査に必ず受かるわけではないことは知っておきましょう。
 
審査基準はカードローン会社によって違いますが、一般的にみられているのは返済能力があるかどうかです。
 
どのくらいまでなら貸しても返せるのかを判断し、利用限度額が決まります。その限度額いっぱいまで借りるかどうかは借りる側次第ですが、必要な額を借りられなければ意味がありませんよね。
 
どういった事柄から返済能力は図られるのでしょうか。
 
主婦の場合、収入がある場合とない場合でも違ってきます。パートや内職をしているという主婦が借りられるカードローンでは専業主婦よりも大きい金額を借りられるかもしれませんが、会社員よりは低くなるのが一般的です。
 
専業主婦が消費者金融のカードローンで借りる場合は旦那さんの収入証明が必要で、銀行ならその必要もなく自分の名義で申し込むことが可能ですが、借りられる金額に関しては10万円や30万円ほどが多いようです。
 
旦那さんの収入証明をすれば、旦那さんの収入や勤続年数なども審査の対象となるため、もっと大きい金額を借りることができるかもしれませんが、中には夫に内緒で借りたい人もいますよね。金額は大きくなくても専業主婦が自分名義で家族にばれずに借りれるカードローンはとても便利です。
 
そして、他にカードローンで借りてはいないか、これまで延滞したことはないのか、信用情報にマイナスの情報がないかも大きな審査基準となっているようです。
 
数ヶ月の間にいくつもの業者で審査をしていたり、借り入れをしていると、新しく借り入れができないようになっているのです。

このページの先頭へ