カードローンの返済について

カードローンの返済方法は、その会社毎に提供している返済方法が異なるので一概にはいえませんが、多くのカードローンを扱う会社が一括払い、もしくはリボ払いを選択できるようになっています。
 
それぞれのメリット・デメリットをご紹介します。
 
一括払いだとその分金利が借りた日数分しかかからないので、余計なお金を支払わずに済みますが、一度に返せるあてがある時にしか利用できない方法です。
 
リボ払いになると元金定額払いか元利定額払いかによって毎月の返済額や総返済額が変わってきます。
 
元金定額というのはその名の通り元に借りたお金から毎月いくら返していくかを決めて、それに金利がプラスされた金額を支払っていく方法です。
 
10万円借りて毎月1万円ずつ返していくなら、最初は1万円に10万円を借りていた期間分の金利がプラスされた金額を支払います。
 
翌月は9万円分の金利になるので金利分はどんどん支払額が減っていくようになります。
10万円なら10回で支払いが完了します。
 
元利定額払いは、毎月一定額の返済となり、例えば10万円を1万円ずつ元利定額払いにすると、元々借りたお金と金利分合わせて支払いは1万円になるので、最初の月は8千円程度の返済となり、支払いが終了するのも10回以上となってしまいます。
 
毎月の支払い額を一定にして、しっかりと返済していきたいならリボ払いも楽ですが、金利をトータルで計算すると借りている期間が長ければ長いほど高くつくので、なるべく早めに返済したほうがいいということになります。
 
返済方法と金利の関係をしっかりと考えてから、借り入れするようにしましょう!

このページの先頭へ