主婦でも借りられるカードローンとは?

考える女性安定した収入のある人が借り入れができるというのは常識ですよね。
 
住宅ローンでも車のローンでも、どれだけ安定した収入があるかどうかが審査の鍵となります。
 
では主婦のように収入が少ないあるいは収入が全くないという人はカードローンで借りられるのでしょうか。
 
主婦でも可能なカードローンといっても、専業主婦なのか兼業主婦なのかによって借りられるところや金額に違いが出てきます。
 
まずは兼業主婦の場合を考えてみましょう。
兼業主婦のようにパートなど少なくても収入を得ている人は基本的に消費者金融でも銀行でもカードローンを利用できます。
 
審査の早さなどを優先したいなら消費者金融のカードローンに申し込むのがいいでしょう。
 
しかし専業主婦の場合、消費者金融では借りることができません。これは総量規制により「個人の借入総額が年収の3分の1まで」と決められているためですが、銀行は総量規制対象外なので、専業主婦のように収入がなくても借りることができます。
 
もし専業主婦で消費者金融で借りたいという場合は、夫名義で申し込むことになります。これなら主婦本人に収入があるかないかはあまり関係なく、世帯での収入が審査の対象となるのですが、夫の勤務先や収入について詳しく記載する必要があり、何よりお金を借りるということを夫に言わなければなりません。
 
カードローンのことを夫にも相談済みならいいかもしれませんが、専業主婦が夫に内緒で借りたい場合は銀行カードローンで借りるのがいいでしょう。
 
主婦でも借りられるカードローンはあるということがわかりましたが、借り入れ金額の上限が100万円以下となることがほとんどだということも特徴の一つです。
 
初めてのカードローンなら数十万程度の借入が平均的なようで、主婦の方は必要最低限のお金を借りるようにした方がいいです。
 
借りられる金額が少額だと金利が高いイメージがありますが、銀行は低金利で、消費者金融の多くは無利息キャッシングが可能なので、必要な分のお金だけ借りて、無利息期間内にきちんと返済していけば金利の高さはそれほど気にする必要もないでしょう。

このページの先頭へ