主婦のカードローンのための審査

カードローンを利用するためには、必ず審査を通らなければなりません。
主婦だから、公務員だからといったことに関係なく審査は必ずされます。
 
審査なしと謳っているとしたら、闇金だと思って間違いないほど審査は大切な項目なのです。
 
審査が簡単に通るかどうかは、借りられる金額や様々な条件によって変わってきますが、主婦がカードローンする際の審査にはある特徴があります。
 
その特徴を踏まえ、審査に落ちる可能性が高くなるいくつかの項目もご紹介するので、審査でどこを見られるのか、何に気をつけていればよいのかをチェックしましょう。
 
主婦のカードローンの場合、自分に収入があろうとなかろうと一番重要視されるのがご主人の年収や勤続年数などの雇用情報です。
 
もちろん年収が高ければ高いにこしたことはありませんし、勤続年数も長いほどよいのですが、正社員で半年以上勤めていて200万円以上の年収があれば、基本的には最低限のラインをクリアしていると考えていても大丈夫です。
 
さらにパートなどで収入があればそれもプラスの情報となりますし、所得証明の不要な額までの借り入れなら、これまでに支払いに延滞はなかったかなど過去の情報から判断されることになります。
 
審査に落ちる可能性が高くなるのは、これまでの債務やクレジットカードや公共料金の支払いに関する項目です。
 
これは信用情報機関に情報として記録されているもので、1ヶ月以上の延滞が過去にあるかどうかや、すでに借り入れをしていないかなどがチェックされます。
 
まずはこれまでに何かの支払いを延滞したことはないか、借り入れが4件を超えていないかなどを振り返ってみてから申し込みをしましょう。


おすすめのカードローンはこちら

このページの先頭へ