専業主婦かパート主婦かで申し込める金融は違う

同じ主婦であっても、専業主婦かパートや内職でも収入を得ている兼業主婦かによって、借り入れできるカードローン会社に違いが出てきます。
 
厳密に言えば、専業主婦は借り入れできる業者が銀行のみとなり、兼業主婦は他に消費者金融などからも借り入れができるため幅が広がるのです。
 
専業主婦であっても借り入れができるのは、実は銀行のカードローンのみとなります。
 
これは総量規制法という法律があるためですが、自分の収入がなく借り入れができるという点を見ても、しっかりとした銀行という機関で借り入れした方が借りる側にとっても安心ですよね。
 
扶養の範囲を超えない年103万円以下でも、パートや内職などで収入のある主婦なら、銀行以外にも消費者金融でカードローンが可能となります。
 
自分の収入以外にも家族の収入も加えて書類を出せば、専業主婦よりも多くの金額を借り入れできることもできるので、一気に門戸が広くなるといえます。
 
このような差が出てくる総量規制法という法律ですが、2010年6月に施行されたもので、簡単にいえば、年収の3分の1を超える金額を借り入れできなくなった(業者から見ると貸せなくなった)というものです。
 
つまり年収0円の主婦が借りられるお金は0円ということになり、年収30万円なら10万円まで借り入れができるということになるのです。
 
これは貸金業法という貸金業者向けの法律なので、クレジット会社などの信販会社や消費者金融が遵守しなければならないものです。
 
銀行や農協などといった業者はこれにあてはまらないため、専業主婦でも借り入れができるのは、銀行や農協などからだけとなっているのです。

このページの先頭へ