返済が間に合わない場合は

電話をする女性どうしても返済日までにお金が用意できない、ということはできるだけ避けたいところです。
 
ですが、突然の出費のための借り入れだったのが別の出費も重なり、返済用のお金に手をつけてしまうということがあるかもしれません。
 
返済が1日でも遅れれば延滞となりますが、その延滞が3ヶ月以上続くと、簡易裁判所から支払い督促状が届くこともあります。
 
それだけではなく事故案件として信用情報機関に登録されるので、それ以上のお金を借り入れることができなくなるだけでなく、クレジットカードなども最悪利用停止となってしまいます。
 
通常返済日までに支払いがないと翌日に電話で連絡がきます。
 
最初のうちは「支払いどうなっていますか」という丁寧な電話で、もし自宅にかかってきた場合でも、個人名を名乗ってくれるので家族に知られる心配もありません。
 
返済がどうしても間に合わないときには、この段階で「いつまでに」支払いができるのかその根拠となる理由も合わせて伝えましょう。
 
真摯に謝り、きちんと支払いをする意思を示せば、相手もその約束の日まで待ってくれます。
が、その間も金利はかかってくるので気をつけましょう。
 
支払いが可能となる日付の根拠は例えば給料日だったり、還付金や助成金などの公的機関からの入金など、確実にお金が入るような理由であれば問題なく待ってもらえるはずです。
 
しかし、なるべく早くに支払いを終わらせたほうがよいのは言うまでもありません。
返済が間に合わないという事態に陥る前に、しっかり計画を立ててからカードローンするようにしましょう。

このページの先頭へ